記事一覧
ホーム > 未分類

記事一覧

メンテナンスの色々

2020年07月07日(火)11:08 午前
  スポーツ整体もやっている アロマサロンカモミールのミール長です。     最近、メンテナンスは次々進行中。 店はそろそろ9年目になりますが、 8年間ずっと我慢していた扉問題は昨日ようやく解決してもらいました。 扉を外 […]

記事を読む »

バスト(胸)ケア 新メニュー(女性限定)

2020年06月18日(木)1:30 午後
女性の皆さん、こんにちは   30代以降は妊娠するかしないか関係なく、乳腺が萎縮して小さくなる一方で、脂肪が多くなり、ハリが低下。筋力や皮膚の弾力性も落ち、胸を支える力も弱くなった。そう感じたことがありますか? […]

記事を読む »

にゃ右衛門様の休日

2020年06月11日(木)11:57 午後
    モーツァルトの名曲を聞きながら、 アロマハンドマッサージを受けているにゃ右衛門様です。          

記事を読む »

[黄帝内経]の講座を作る話

2020年06月10日(水)1:59 午後
皆さんこんにちは、お元気ですか?   新型コロナウイルスの影響で、積極的に施術の仕事はできませんでしたが、ずっと「黄帝内経」の授業を準備しています。むしろ毎日充実にしています。では今日は,この準備作業のことを報 […]

記事を読む »

[黄帝内経]の医者と泥棒

2020年05月08日(金)11:37 午前
   法律が不健全な古代には泥棒は全員悪者ではなかったです。金持家からお金を盗んで貧乏人達に配る話をよく聞きます。経済的な視点から言えば、一部の泥棒は社会財産を再分配する役割を分担していました。実は、お医者さんも病気を治 […]

記事を読む »

「黄帝内経」の愉と悦

2020年04月05日(日)1:24 午後
 愉悦(ゆえつ)は愉しい、悦びという意味です。二つの漢字は同じく心部があって心から愉快な心境を描写する言葉です。和語に変換すると面白いことに気付きました。なぜ(読み方:たのしい)楽しい、愉しいという書き方があって、「悦し […]

記事を読む »

「黄帝内経」の朋と友

2020年04月05日(日)11:51 午前
 朋友(ほうゆう)、中国語で友たちの意味です。日本語でも同じ書き方で同じ意味があります。しかし、古代中国人にとって「朋」と「友」、同じく仲良くしている人を指しているけれど違います。古代中国語では、月部(げつぶ)が付いてい […]

記事を読む »

「黄帝内経」の知と覚

2020年04月04日(土)5:49 午後
日本語の知は知識、または知識を獲得するための働きと解説します。覚の意味は悟る。二つ文字合わせて知覚は『① 知性によって知り悟ること。② 〘心・哲〙 感覚器官に与えられた刺激作用を通して、外界の事物・事象を、ひとまとまりの […]

記事を読む »

「黄帝内経」の休と息

2020年04月04日(土)1:56 午後
   「黄帝内経」の身と体の続き、休と息を説明します。「休」の書き方を見れば分かる、人(亻)は木に靠れて身体を休ませる。ここの身体は肉体、内臓を含めて目で形が見える休み行為です。息はそく、いき、いきづく、やすむ、むすこな […]

記事を読む »

「黄帝内経」の身と体

2020年04月04日(土)1:13 午後
 日本語のからだは体(體、躰、躯、身体、からだ)、身体(しんたい)等いくつの書き方があります。「人の体。肉体」と解説されました。死人のボディは死体といいます。身(読み方:み)は生きている人のからだ、またその主体としての自 […]

記事を読む »

次のページへ »

過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com