緑=毒薬?
ホーム > 緑=毒薬?

緑=毒薬?

2012年10月11日(木)4:30 PM

こんにちは、

アロマサロンカモミールのミール長です。

今日はカラーについてお話をさせて頂きますね。

 

どんな色が好きと聞かれたら、多分私は迷わずに緑と応えます。

なぜならば、緑の色はいつも生き生きで成長や、平和等のイメージを私に与えます。

でもカラーセラピーの本を読んだら、緑は毒のイメージもあるようです。

最初はなかなか理解できなかったですが、つい最近、自分の経験でやっと理解できました。

 

HP製作の時緑のHPから皆さんに平和、健康、生命力、癒し等のイメージを伝えたいと思って、

写真集から何千枚の緑の植物の写真を選ぼうとしました。

2,3時間が経って、目を閉じたら、急に眼の前に気持ち悪い緑の色しか見えず、

嘔吐の感じも出てしまいました。

なるほど、この経験のお蔭で、緑の色はなぜ毒薬のイメージも含めていることがやっと分かりました。

 

感覚のバランスを取り戻そうとするため

ついに温かいオレンジ色を選んでHPのメインページをデザインしました。

というわけど、最初考えた緑のHPは結局オレンジになりました。

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com