精油販売者の素質に不安
ホーム > 精油販売者の素質に不安

精油販売者の素質に不安

2020年01月23日(木)12:47 PM

 インターネットで知らない精油メーカーを見つけた。

丁度手元にローレル精油がなくなりましたので、

注文してみようと思いました。

 

しかし、同じ店舗の商品欄の中でベイリーフも見つかりました。

私の常識によれば(間違っているかもしれませんが)、

ベイリーフとローレルは二つとも月桂樹の葉から抽出した精油で、

語源によって呼び方は違うだけです。

おかしいと思ってベイリーフ油の詳細を見ました。

商品情報はネットに載せている情報をそのまま引用します。

 商品情報

【産地】西インド

【学名】Pimenta racemosa

【抽出部位】葉

【抽出方法】水蒸気蒸留法  

等など

 

聴き慣れていない学名ですので、インタネットで調べました。  

このページ(https://www.botanic.jp/plants-ha/bayrum.htm) の情報により、

この植物は『フトモモ科ピメンタ属の常緑高木で、

学名は Pimenta racemosa。英名は Bay rum tree』だって。    

 

ですので、疑問を持って店長に問い合わせしたら、

こんな返事を頂きました。

『挨拶を略、申し訳ございませんがご指摘の点について

植物名についての深い知識を持ち合わせておりません。

「ベイラムツリー」が正しいのか判断できません。

当店では仕入先から開示されている学名や商品名の情報を

そのまま表記させて頂いております。

以上、宜しくお願い致します。』 

 

しかし、自分が販売している薬効成分が入っている商品の事がよくわからなくて、

調べようもしなくて、お客さんから質問があったにも関わらず

仕入先に質問もしないまま返事をして、

消費者は安心に使えるかしら?

こんな精油市場についてみなさんはどう思いますか?

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com