解剖生理学からのエクササイズ(首、肩こり)
ホーム > 解剖生理学からのエクササイズ(首、肩こり)

解剖生理学からのエクササイズ(首、肩こり)

2019年07月08日(月)1:33 PM

おはようございます。

アロマサロンカモミールのミール長です。

昨日新メニュー「エクササイズ+施術」の話をしましたが、

早速、少し詳しく紹介しますね。

 

多分、お客様からこんな質問が出てくる、

・エクササイズって何をしますか?

・どんなアドバイスをしますか?

では、解剖生理学の図を見ながら首、肩こりの例で簡単に説明しましょう。

 

 

この写真を見れば分かると思います、

人間の筋肉は外側から内側まで何層があります、筋肉の方向もそれぞれです。

お肌の上から普通にマッサージをして深いところに手が届かない筋肉はいっぱいある。

特に棘筋(きょくきん)、脊柱起立筋のうち最も内側に位置する筋肉であるので、

マッサージをしてもらうより意識しながら運動した方が効果的。

 

今日は首肩のこりを例をして説明します。

エクササイズする時どこに意識すれば

首、肩のこりを解消できるのが、

そこは私のアドバイスポイントです。

 

頭を回したり、背骨を後ろ、両サイドに反ったり、

立ったまま上半身を後ろに回したりする時、

胸半棘筋、頸半棘筋、頭半棘筋の筋肉群にお世話になります。

 

 

皆さん一緒にそこの筋肉を意識しながら頭を後ろに倒して、

そして首、胸前に突き出して、背骨を後ろに反って、

リラックスして、

両足立ったまま上半身左に回転、そして反対側右に回転、

戻す。

繰り返し何セットをすれば、何も考えずにただ身体を動かすより効果的と思いませんか?

 

もっと詳しく知りたいならサロンに来てください、

一緒にエクササイズしましょう!

 

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com