シトラールと筋肉痛
ホーム > シトラールと筋肉痛

シトラールと筋肉痛

2017年12月21日(木)8:15 PM

 

 先日レモングラス油のエピソードを書きました。昔学校でレモングラス油は筋肉痛や筋肉を緩和する効果があると勉強しましたが、一体どの成分は効いていますか。色々調べましたが、もしかしたらシトラールかもしれません。

 

 レモングラス油にはシトラール成分が70%以上含有します。シトラールは鎖状モノテルペンアルデヒド化合物で、ネラールとゲラニアールをまとめての名称です。

 

 シトラールは鎮痙作用、抗菌、抗ウイルス作用、抗肥満、抗炎症効果など特徴があります。爽やかなレモンの香りは集中力がアップすることがよくわかりますが、実はシトラール成分は血管弛緩作用もあると言われていますから、血行促進によるむくみの改善・鎮痛作用とあわせて肩こりや腰痛などの軽減にも効果が期待されています。という意味で、シトラール成分はレモングラス油の中で筋肉痛を緩和する効果も発揮していると思います。

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com