「1,8シネオール」のプロフィール
ホーム > 「1,8シネオール」のプロフィール

「1,8シネオール」のプロフィール

2017年05月24日(水)2:01 PM

「1,8シネオール」のプロフィール

 

日本語名:

1,8シネオール

英語名:

1,8-cineole

化学式:

C10H18O(環状エーテル構造を持つモノテルペノイドの一種)

作用:

抗菌作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用、粘液溶解作用、去痰作用、抗リウマチ性、精神的に高揚させる。

 

1,8シネオール含有精油の例

 

日本語名

学名

含有量

ユーカリグロブルス

Eucalyptus globulus

約90%

ユーカリラジアタ

Eucalyptus radiata

約75%

カユプテ

Melaleuca cajeputi

約75%

ニアウリ・シネオール

Melaleuca Viridiflora

約60%

ローズマリー・シネオール

Rosmarinus officinalis CT (Cineole)

約55%

 

使い方

 今までユーカリグロブルス油は花粉やインフルエンザの時期、空気を浄化するために芳香浴したり、抗菌スプレーを作ったり、筋肉痛を緩和するため、キャリアオイルで希釈してセルフマッサージをしたりして、とても頼もしいエッセンシャルオイルの一つでした。

 

 最近、1,8シネオールとボルネオン(カンファ)を含む精油はアルツハイマー病に「めざまし」効果があるように研究されました。8人のボランティア被験者による試験で、1,8シネオールを吸入した後、大脳の血流が増やしたことを証明できました。動物実験でも同じく、このローズマリーとユーカリグロブルスの主成分によって運動中枢が影響を受けたことが証明されました。(Buchbauer2003b)

 

注意点:

・ユーカリグロブルスに1,8シネオールの含有量が高く、刺激性があるので、乳幼児や高齢者に不向きです。代りに、ユーカリラジアタはお勧めです。

 

・因みに、インターネットでこんな記事を見つかりました。

 公益財団法人 日本中毒情報センター保健師、薬剤師、看護師向け中毒情報

 

精油の内服は危険です、絶対服用しないでください

 

1,8シネオール



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com