スイートフェンネル(学名:Foeniculum vulgare)(2)
ホーム > スイートフェンネル(学名:Foeniculum vulgare)(2)

スイートフェンネル(学名:Foeniculum vulgare)(2)

2017年01月06日(金)11:17 AM

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab%e2%91%a0

 

 

 女の人は子供の時親の言うことを聞き、親に言われたとおりに行動する。若い時自分より年上の彼氏と付き合い、彼に合わせて自分の生活を調整する。安心感を得るため自分より遥かに年上の彼氏を選んだ人も少なくない。その時ももちろん彼の言うことを聞き、彼氏の言われたとおりに行動する。20代後半になっても自分のキャリアや恋愛に関して自分で決められない人もたくさんいるようです。30代に入ると段々自分のことを自分で決める、失敗してもいいから一度チャレンジをしたいという傾向が始まり、やっと内面の成長が始まったようです。東洋医学の言い方で言うと、女性は7の倍数で変化し、35歳になると女性にとって人生のピックです。美学のセンスも可愛い女性から大人の女に変わり、少しずつ男性の気持ちを理解できるようになり、恋愛もセックスも楽しめるようになる。特に出産、子育てを経験した女性は40代に入ると更に強くなり、家庭内で主導権を握る人も少なくない。子供たちの話を聞けば分かる、「家はパパよりママのほうが怖い」という子がたくさんいるでしょう。40代後半になると更年期による身体の心の変化を経験し、世の中怖いものが何もないと感じる典型的な強い女になり、熟年離婚の方も少なくない。50代60代になると20代の自分と真っ反対、若い男の子に興味が持つようになる。韓流スターのファンクラブのメンバーを見ると一番説得力があるでしょう。

 

 女性の身体及び気持ちの一連の変化は成長環境以外、ホルモンにも大きな関連性がある。若い時将来に対する不安、恋愛が失敗した時の孤独感、初めて大事なことを決断する時の緊張、自分より美しく若い女性に対する嫉妬、代謝が悪くてパンパンになって浮腫んでいる両脚、苛々して胃腸痙攣の痛み、冷え性でガスが溜まっている苦しいお腹、時間とおりに来ない生理、母乳が出ない時など、スイートフェンネル油は女性にとって強い味方です。

 

 エーテル類のアネトール成分は約85%位含有するスイートフェンネル油はエストロゲンに似たホルモン調整作用がありますので、妊婦さんやエストロゲンの投与を受けている癌患者さんに使用不可という注意がよく見られる。しかし、アネトール成分は決してエストロゲンではないため、エストロゲンを補充するわけではない、エストロゲン含有医薬品のような副作用がない。ここもよく勘違いされるところです。

 


スイートフェンネルに関連する話

 

スイートフェンネル(1)

フェンネル&おっぱい



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com