アロマの話ーキャロットシード(学名:Daucuts carota)
ホーム > アロマの話ーキャロットシード(学名:Daucuts carota)

アロマの話ーキャロットシード(学名:Daucuts carota)

2016年11月20日(日)6:43 PM

 せり科の植物キャロットシードはワイルドキャロットという別名もあります。つまり私達食卓の人参ではありません、野良人参です。野良人参の根は黄白色で、細長いトゲがあります。臭いが強いうえに硬い筋が張っているため食用には適しません。エッセンシャルオイルは種の部分を使用し、水蒸気蒸留法により抽出されます。

 含有率30-80%のセスキテルペノール類のカロトールは肝細胞再生作用、腎臓刺激作用があるので、キャロットシード油は肝臓と腎臓に対して強い解毒と浄化作用があります。それ以外、老化によるシミ、ニキビ、疲れた皮膚等のスキンケアにも有効です。

 セスキテルペノール類にホルモン様作用があるため、妊婦さんや、ホルモン依存型癌疾患乳腺症等には使用禁止です。

 個人的な話ですが、キャロットシード油が入っている香水を使うと集中できなくなる経験があります。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com