アロマの話フェンネル&おっぱい
ホーム > アロマの話フェンネル&おっぱい

アロマの話フェンネル&おっぱい

2016年10月17日(月)5:29 PM

フェンネル(Foeniculum vulgare)

 

 

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab %e4%b9%b3%e8%85%ba

 

 始めてフェンネルの花を見たとき思わず「おっぱい」という言葉を言い出しました。別にスケベなことを考えていないけれど、この写真を見れば皆さんもきっと納得します。せり科ウイキョウ属のフェンネルの花は傘の形がしていて、乳房の側面の写真に似ていませんか?そのお陰で、フェンネル油が泌乳量を増加する効果があることを覚えました。フェンネル油はエストロゲンホルモンと似た働きをして、PMS、更年期、少量月経の緩和にも使われます。香辛料系の優等生として、もちろん吐き気、便秘、鼓腸等胃腸にトラブルがある時もフェンネルが使えます。一部のダイエットの達人はフェンネル油の満腹感イメージを利用して食欲をコントロールします。

 フェンネルは利尿作用、肝臓・腎臓の強壮作用もありますので、食べ過ぎやアルコールの摂取し過ぎによって生じた毒素を取り除きにも使えます。ミント油と同じ二日酔いにも良さそうです。

 フェンネル油にtrans-アネトールを約70~85%含有するので、多量に使うと血圧低下、呼吸困難、神経麻痺状態になる可能性があります。乳幼児、妊婦、授乳中産婦、神経系統の弱い患者、癲癇患者は使用不可。

 

trans-アネトール:女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があります。



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com