施術者の「愛情」って何ですか?
ホーム > 施術者の「愛情」って何ですか?

施術者の「愛情」って何ですか?

2015年11月21日(土)7:52 PM

こんばんは、

先日、島田先生の施術を受けて、

感想をブログ(http://aroma-chamomile.com/1559)で書いて、

そして、先生が私のブログを読んだ感想

http://ameblo.jp/aromasion/entry-12097851807.html)を拝見して、

いろいろ考えましたミール長です。

 

04

 

ブログで先生は「ワタクシ「愛」ってなんだかわかりません」と書いていました。

じゃ、何故私は先生の施術を受けているとき「愛情」を感じましたか?

私は感じた「愛情」って何ですか?

なんで私は「愛情」という言葉を使ってその感覚を表しましたか?

 

そもそも、昔から「触れる」という行為は生まれてからまもない生命にとって命に関わります。

人間の赤ん坊は頻繁に触れられたり、話しかけられたりしたら、

ホルモンは正常に分泌され、

体も心も健康に育てられます。

 

寂しくて、悲しい子をハッグして軽く背中を撫でて慰める、

落ち込んでいる仲間の肩をトン、トンって叩いて勇気を与える。

いつも緊張してコリになった筋肉を見たら

「ああ…こんなに凝っている。仕事で疲れていてかわいそうだな」って

一言をかけながら優しく揉み解す。

そうすると、愛情は適切な触覚によって相手に伝えます。

つまり、人間にとって一番シンプルな「愛情」は相手にされることです

 

マッサージもそうです、

「愛情」がない施術はスイッチオンさえすれば、

マッサージチェアもできます。

なので、私も含めて

わざわざ学費を払って施術の勉強をしたセラピストさんは

マッサージチェアに負けないように、

愛情がある心を育たなければいけないと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com