7月中国出張のご報告
ホーム > 7月中国出張のご報告

7月中国出張のご報告

2015年07月17日(金)1:51 AM

こんばんは、

最近忙しくて忙しくて昨夜から偏頭痛になったミール長です。

 

先日、中国芳香療法協会(CAA)の成立会議のきっかけで中国・成都に行きました。

この会議で、ミール長は日本の芳香療法について中国の皆さん、特にCAA協会理事会の人達に

アロマセラピストの一員としてなるべく客観的に自分の体験と見聞を紹介しました。

江戸時代の蘭方医学から、明治時代蒸留技術の成熟化、阪神大地震の背景にしたアロマ協会の誕生、

日本アロマ環境協会(AEAJ)の発展及びアロマセラピストの現状、

1985年から30年間日本アロマテラピー発展の光と影等をミール長の説明を通して

今まで中国の皆さんにとって謎のようなJapanese Aromatherapyは

皆さんの前でハッキリ姿を表しました。

  

 

  

 

  

 

7月8日早朝上海に戻り、

午後上海交通大学の植物研究所でヨウライ博士に誘われ

メディカルアロマを代表する日本アロマテラピー学会(JSA)と学会の研究を中心にして

日本のアロマテラピーを皆さんに紹介しました。

IFA上海アロマスクールの李燕来校長、ヨウ博士の共同研究パートナー及び生徒さんたち、

「芸香」アロマ電子雑誌の前編集長唐露さんも参加されました。

 

 

 

 

その後、ヨウ博士の研究所を見学し、初めて最新のCG-MS機、巨大な蒸留器を見ました。

今回、日本でよく使ういくつメーカーの真正ラベンダー油をヨウライ博士にその品質を検測することをお願いしました。

ドキドキしながら結果を期待しております。

 

  

 

  

 

  

 

日本のアロマ愛好者にとって買いたくても買えないある一冊アロマの本があります。

皆さんに話したら、中国上海IFAスクールの李燕来校長先生は

その本を中国で出版することを力を貸して下さることを約束しました。

なので、ミール長は日本に帰ってからすぐその本の翻訳仕事を始まりました。

初めて本格的に翻訳の仕事をします、

今の私は原著者と同じレベルになるのはとても無理ですが、

勉強しながら自分の最高レベルまで辿り着きたいです。

 

 

 

以上、ミール長7月中国出張の報告でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com