苦水薔薇
ホーム > 苦水薔薇

苦水薔薇

2015年04月30日(木)11:27 午後

こんばんは、

28日中国国際芳香植物産業博覧会から日本に戻ってきましたミール長です。

連続二日間の会議で、高山先生の通訳を務め、

声はガラガラになりました。

 

洛陽の牡丹の花はもちろん美しいですが、

今日はお話をしたいのは牡丹ではなく、「苦水薔薇」です。

「苦水」の名前から読むと、なんとなく可哀想なイメージですね。

実は苦水の名前は中永登県苦水鎮の地名から由来です。

あそこは年間の降水率は低くて、雨が降っても苦い水しか降らないらしい。

しかし、そんな乾燥な地域で美しいバラを育てています。

今回の研究会で専門家の発言によると、

苦水薔薇はうつ病に対する治療効果はダマスカローズより優れているらしい。

紫っぽい小さな蕾は精油を抽出する以外、ハーブティーにも使われています。

いい香りがついているフローラルウォーターは化粧水として使うと、とても贅沢な気分ですね。

1kgのバラ油を抽出するために、新鮮な花は300万輪以上が必要です。

まさが液体の黄金と言われますね。

現代科学技術により、バラの栄養成分、薬物成分、薬の効能、薬理よ呼び毒理学について

分析研究の結果バラに18種類のアミノ酸が含まれ、その豊富な栄養成分の活性物質は

心臓脳血管、消化系統、新陳代謝及び免疫機能と抗ガン、抗老衰等ん位全面的に正確な

化学根拠を与えてくれました。

 

ということで、これからミール長は苦水薔薇を現地から輸入してサロンで使いたいですね。

皆さん、期待して下さい。

 

 


(写真左:高山林太郎先生 中:ミール長の林琳 右:安徽医科大学の李光武博士)

 

 

 



過去の記事を読む



 ご予約・お問い合わせ
 TEL:080-9151-8686
 Mail:info@aroma-chamomile.com